近藤麻理恵著『人生がときめく片付け魔法』オーディオブック版のススメ!

人生がときめく片づけの魔法

仲間由紀恵も、もう33歳か…どうも鳥井(@hirofumi21)です。

季節もすっかりと秋めいてきて、衣替えの季節になってきましたね。今日は、そんな季節の変わり目の整理整頓したいときに最適な書籍『人生がときめく片付け魔法』の紹介をしたいと思います。

テレビや雑誌でも話題になり、9月28日からは日本テレビで仲間由紀恵主演『人生がときめく片づけの魔法』というドラマも始まるようで、今改めて注目の1冊だと思います。

片付けコンサルタント 近藤麻理恵ってどんな人?

床が見えないごちゃごちゃ部屋もホテルのスイートルームのように劇的に変える、片づけのプロとして活躍。
幼稚園年長からESSEやオレンジページ等の主婦雑誌を愛読。小学校で就いた係は「整理整頓係」。中学3年でベストセラー『「捨てる!」技術』(辰巳渚著)を読んで開眼、本格的に片づけ研究を始める。大学2年のとき、片づけコンサルティング業務を開始し、「こんまり流ときめき整理収納法」を編み出す。「一度習えば二度と散らからない」ことが評判になり、口コミだけで顧客を広げる。

引用元:片づけコンサルタント・こんまり 近藤麻里恵 Official Website

…というお方です。

この本を聴けば、わかると思いますが「片付けオタク」を通り越して、完全に変態です。「片付け変態」です。

あ、これは褒め言葉なので誤解のないように!

最近Twitterでもつぶやいたのですが、オタクの域を超えて「変態」と思われるほど何かに打ち込んだ人間がこれからの時代には、注目されていくんだろうなーって個人的には思っていたりします…。

さて、この近藤さん、小学校の頃からESSEやオレンジページを見ているというなんとも驚きの逸話をお持ちなんですが、それ以上に片付けに関する驚きエピソードがこの本の中にはみっちり書かれています。

それは実際に聴いてみて「じぇじぇじぇー!!」ってなって欲しいのですが、とにかくここでは、片付けの分野においてイッてるぐらい変態な女性だってことだけ理解しておいてください。

本書はどのような内容か

この本は、「収納系」というよりも「モノを減らす系」の本です。そして、その時の判断基準がこの本最大のミソ。

一言で言ってしまうと、それを持ってみた時に「ときめくかどうか

ときめく時だけ手元に残し、ときめかないものは容赦なく捨ててしまおうというもの。

「おいおいなんだ、トンデモ本か!」と思ったそこのアナタ、ちょっとお待ちを!

彼女の発想はホンモノだと思います。決して「最近の流行に乗っかって有名になってやろう、稼いでやろう」というタイプの本ではありません。

「ときめく」や「片付けの魔法」など、キラキラ系女子の言葉がたくさん並んでしまっているせいで、読まず嫌いの方を多く生んでしまっているのが非常に残念で、勿体無い本です。

この「ときめく」というのは、男性がよく読む本の中の言葉を使えば、「直感」と置き換えてみてもいいかもしれません。

世間一般的に、「貴重なモノ・価値のあるモノ・便利なモノ」ではなく、自分にとってどういうモノなのか、それを直感にしたがって判断していこうということを近藤さんは主張しているわけです。

オーディオブック版をオススメする理由

この本もいつもながら、オーディオブック版で聴いてほしいと思っています!

その理由は、「オーディオブック版では、著者に近い若い女性のナレーターさんが読んでいるから。」

オーディオブックというのは、テキトーな声優さんやナレーターさんが声を当てているわけではありません。

『ユダヤ人大富豪の教え』シリーズでもそうでしたが、それに適した方が声を当ててくれています。

参照:本田健著『ユダヤ人大富豪の教え』オーディオブック版のススメ! | 隠居系男子

この本の場合も、著者の印象に近い若い女性の明るい声で読まれています。
なので、非常に気軽に聴くことが出来て、ものすごく親しみやすいんです。

知り合いの女の子から「片付けってね、本当はこうするといいんだよ〜!」っていうのを居酒屋やカフェで聞いているのかってぐらい、ライトに聴けてしまうんですよね!

これは、本(文字)で読むことに比べ、圧倒的にハードルが下がり、これがオーディオブックのいいところ!

また、「色々なところで話題になっているからとりあえず買ってみたはいいけれど、読まずに放置してたらいつの間にかホコリをかぶっちゃったー」っていう方も、オーディオブックであれば絶対に聴き終わることができるので、そうゆう方にもオススメできます。

仏教や禅の教えをもとに、同じように片付けについて説いている本もたくさんありますが、結局は根底に流れている精神は同じです。だったら、わかりやすい方で読んで理解してしまうっていうのも十分ありだと思いませんか。

片付け本はコレと『断捨離』だけで十分!

今現在出版されている片付けや、モノを手放す事に関する本は、この『人生がときめく片付けの魔法』と『断捨離』の2冊だけで十分だと僕は思っています。

基本的に、男性著者のものは良くないんです、実は…。

男はどうしてもロジックで語ろうとしてしまい、直感や感情に正直に向き合うことの大切さを説くのがヘタクソで…。

その点、この2冊はどちらも女性の著者さんで、良い意味で完全に振りきっています。そう、ふたりとも「片付けの変態」なんです。

気になる人は、ぜひ本書を聴いてみてください!

人生がときめく片づけの魔法

ちなみにこの本は2もあります。僕はまだ聴けてないですが、こちらも良書の予感。

人生がときめく片づけの魔法2

もちろんKindle版も、今だとかなり安くなっているみたいなので、オススメです。

それでは今日はこのへんで。

ではではー。

片付けに関連するその他の記事

断捨離とかさ、別に難しく捉えるな!男子はとにかく身辺単純明快であれ! | 隠居系男子

高城剛氏のメルマガから考える情報過多社会におけるデータの扱い方とは。 | 隠居系男子

スポンサードリンク