カテゴリー別アーカイブ: ブログ

何かを稼いでいる感覚の正体。

先日こんなツイートをしてみました。

続きを読む

「パトロン2.0」という妄想。

今朝、こちらの記事を読みまして。

続きを読む

仮想通貨とゲームの熱狂の相性について。

昨日、ふと思い立ってこんなツイートをしてみました。

戯言の話は、このツイートからです↓

続きを読む

利己も利他も、人それぞれ。

新年だから少しスピリチュアル的な話も書いてみようと思うのですが、昨年末、いつも適切なタイミングで適切なアドバイスをしてくれる方から、「あなたは利他的であるほど、自分らしくいられる人間だ」という話を聞かせてもらいました。

本筋とズレるので詳細は省きますが、とある占いによると、僕は利己的になればなるほど失敗するという星の下に生まれた人間なんだそうです。

この占いの真偽は定かではありませんが、個人的にはものすごく思い当たる節があります。

参照:自分のことばかり考えているから鬱になる。 | 隠居系男子 続きを読む

音のある記事と、音のない記事。

昨日、とある打ち合わせで少し話が煮詰まってきたタイミングに、ふと「カテゴリーやジャンルではなく、『音がある記事』と『音がない記事』という視点から考えてみませんか?」という話をしてみました。

具体的に言えば、個人の内省的な記事ってどちらかといえば音のない記事。

一方、内容や写真に人気(ひとけ)が溢れている記事は、賑やかな音が聞こえてくる感じ。 続きを読む

大切なのは、問いの立て方。

年末年始、本当にいろいろな本に目を通しました。

通読したものに限らず、「はじめに」と「終わりに」だけ目を通した本もたくさんあります。

そこで気がついたことは、最近書かれている本は本当にすべて結論が似ているなと。

リベラルか享楽か、そのどちらかの答えに帰結する。

どちらも答えを掲げているようでいて、答えが一切提示されていないとも言えます。

そこでふと気が付きました。

いま大切なのは結論じゃなくて、「問いの立て方」なんだと。

起きている事実を淡々と列挙した上で、どんな問いを立てるのか?

いま売れに売れている『君たちはどう生きるか』だってひとつの問いの立て方であり、その問いを読者と共有しているからこそ多くの共感を生んでいるわけです。 続きを読む

わからないことだらけの年末年始。

年末になると、「来年の仕事初めの頃には、◯◯について詳しくなっているぞ!」と気合いが入るものですよね。

もちろん僕も自分に対してそんな期待を込めて、この年末年始はひとりで淡々といろいろな書籍やコンテンツを読み漁る毎日を送ってきました。

でも、知れば知るほど、わからなくなる。本当にわからないことだらけです。

やっぱり、長期休暇を使って何かを学ぼうとしてもダメですね。

普段からの小さな積み重ねの方が圧倒的に大切。 続きを読む

レターポットがおもしろい!

昨日から「レターポット」がスタートしていて、さっそく僕も登録してみました。

続きを読む

カモになる勇気。

先日タイムラインに流れてきた、篠田真貴子さんのツイートがとても共感できました。

僕のまわりにいるすごい人も、こういう人が多い印象です。

続きを読む

最近、地方でよく耳にする言葉。

最近、どこへ行っても「テロワール」という言葉を耳にするようになりました。

参照:テロワール – Wikipedia

もともとは、フランスワインの用語で、飲食の分野で語られることが多かったこのワード。

近頃は、モノづくりや町づくり(コミュニティづくり)の分野にまで派生して、このワードが広く共通認識として使われるようになってきているなと感じています。 続きを読む

バブルは本当に悪なのか?

最近の仮想通貨の高騰をみるたびに「バブルとはなんなのか?」について考えさせられます。

そんなことを自分の頭の中でグルグルとさせていたときに、滋賀県長浜市でおもしろい話を聞きました。

今日はこの話から得られた気付きを少しだけ書き残しておこうと思います。

参照:滋賀県長浜市を再訪しました。 | 隠居系男子 続きを読む

どんなドラマがそこに集まっている人たちにとって教科書となっているのか?

最近、自分の中でふと腑に落ちたことがりまして。

平成生まれの人たちは、なぜこれほどまでに純粋で実直で、真面目な人が多いのか?それがずっと疑問だったのですが、その理由がなんとなくわかったような気がします。

彼らは、マンガやアニメを観て育ってきた世代だからなんだろうなあと。

平成生まれ世代にとって、「大切なことはすべてアニメ(マンガ)から学んだ!」と言っても過言ではないという人が実はものすごく多い。

だからこそ、彼らの考え方や性格も、自然とアニメやマンガの主人公のように純粋無垢な性格になるのだろうなと。 続きを読む

ぼくが最近ひとから言われて嬉しいこと。

「鳥井さんをフォローしていると、おもしろい人をたくさん知ることができるんですよ!」

これが、最近ぼくが言われるたびに嬉しいなあと思うこと。

先日の長野のイベントでも、SUSONOのローンチイベントでも参加してくれた方にこのセリフを言ってもらえて、本当にとっても嬉しかったです。 続きを読む

そっと見守ってくれている人がいる空間。

先日たむけんさんのツイートを読んで、こんなツイートをしてみました。

続きを読む

いま目の前にいるお客さんが何に付加価値を感じているのか?

今朝こんな記事を読みまして。

続きを読む

ソーシャル隠居がしたい。

滋賀県長浜市にある「安藤家」でおもしろい話を聞きました。

参照:滋賀県の長浜市に行ってきました。 | 隠居系男子

安藤家には、当時まだ30歳前後だった北大路魯山人が手がけた「小蘭亭」という小さなお部屋があります。

この「小蘭亭」が良い感じでぶっ飛んでおりまして。

撮影禁止の空間なので、詳しくは画像検索でググってみてください。

じゃあ、なんでそんなぶっ飛んだ空間が生まれたのか?

安藤家は明治以降に呉服屋として財を成したそうなのですが、当時の近江商人たちは40代になったら早々に隠居していたそうです。

そして、現場は若手に任せる。そうすることで若い世代の価値観が現場に反映されて、さらにマーケットが活発になる。

隠居した商人たちは、可能性のある若手(アーティスト)に投資したそうなんです。 続きを読む

お客さんの時ほど作り手を喜ばせたい。ローカルにある、東京の未来。

もう何度目だよって感じではあるのですが、昨日も感じたことなので改めて書いておきたいなと思います。

関連記事:待てるお客さんを育てることも、メディアの役割。 | 隠居系男子 続きを読む

最初に力を入れるSNSは1つでいい。

近頃また「SNSマーケティングの重要性」が語られるようになってきました。

今年に入ってから「評価経済社会」が話題となり、「個人の時代」の意味を皆が再認識しているタイミングだからなのでしょう。

最近では、それぞれのSNSを運用することはもちろんのこと、SNSの特徴ごとに投稿内容を変えていく重要性についても説かれるようになりました。

街を歩いていみても普通の飲食店が、Twitter・Facebook・Instagramのアイコンを並べて「SNSを毎日更新中!」という看板を掲げることも当たり前になってきましたよね。

僕の仕事柄、そんな方々から「それぞれのSNSをどう使いこなせばいいんですか?」と聞かれることも増えたのですが、ここであえてお伝えしておきたいです。

「最初に力を入れるSNSは一つでいい」と。

今日はそんなお話です。 続きを読む

他郷阿部家を訪れて。僕がつぎはぎ文化に惹かれる理由。

前回のブログにも書いたように、昨日から今日にかけて島根県石見銀山にある群言堂さんを訪問してきました。

参照:隙間があると埋めたくなる。富の象徴ではなく、クリエイティブ欲を発揮するための広い家。 | 隠居系男子

前々からずっと訪れてみたかった「他郷阿部家」にもお邪魔してきました。

今日はその感想を少しだけ書いてみようと思います。 続きを読む

もっともっと街を歩いたほうがいい理由。

先日以下のようなツイートをしました。

関連:「どこでもオフィス」から「フィールド」へ。僕らが「移動する編集部」を始めた理由。 | 隠居系男子

続きを読む

あえて「あざとさ」を消すということ。

人気よりも信頼の方が重要になってきている今、あえて「あざとさ」を消すことってものすごく重要になってきているなあと感じています。

「こうすればもっと跳ねる!」ってわかっている時にこそ、ぐっと堪える勇気というか。

あざとさは、人気時代には功を奏しても、信頼時代には仇となる。

あざとさや人気を優先する人に、自分の大切な何か(主に時間とお金)を預けたいとは思わないですもんね。 続きを読む

暗号通貨時代のリーバイスになる人は、採掘者と一緒に楽しそうに掘りに行く人。

先週末、下記の2記事を読みまして。

日本人主導のビットコイン・バブルは崩壊へのカウントダウンに入った : 金融日記

イケハヤ、藤沢数希氏のポジションと正反対。ビットコインはバブルではない! : まだ労働で消耗してるの?

更に最近怒涛の勢いで読者数を増やしている、丸の内OL・玲奈さんのブログも楽しく読んでいて。

丸の内OLの仮想通貨投資日記♡ – 丸の内OL3年目の玲奈の仮想通貨投資ブログ

ここで、このブログでも「今後、暗号(仮想)通貨がどうなるのか?」ということについて書きたいわけではありません。

その判断は各自にお任せします。自分が信じる道を進んでください。

今日書きたいのは、全然違う文脈の話。

題名にもある通り、暗号通貨時代のリーバイスになりうる人って、採掘者と一緒に楽しそうに掘りに行く人なんじゃないのかなあって思ったので、今日はそんな話を少しだけ。 続きを読む

鳥居さん、もうひとりの自分。

今日は少しどうでもいいことを書いてみようかなと。

最近「灯台もと暮らし」の編集部で更新している『もとくらの袋とじ』という有料noteマガジンで以下の記事が公開されました。

【Slack雑談】鳥居弘文問題 | 灯台もと暮らし | note

内容は本当にくだらないもので、僕の名前が「鳥居弘文」と間違われることがあまりに多くて(※正しくは鳥井弘文)それを社内のslackに共有したところ、思いのほか盛り上がったという話です。 続きを読む

仮想通貨やVALUは、その人の視座を可視化してくれる。

最近、仮想通貨や「VALU」の話題がネット・リアル問わず話題ですね。

そこでふと思ったのですが、この仮想通貨やVALUの登場は、その人がどれぐらいのスパンで利を得ようとしているのかがハッキリとわかるようにしてくれたなということ。

実は、こういう感覚って今まであまり可視化されてこなかったことだと思います。

僕個人の感覚だと、こんなにも目先の利益を追い求めるひとたちがいるのかと、最初は結構衝撃的でした…。

そりゃあ、人と話が合わない時もあって当然だよなと。

でも決して「長期的な期間でメリットを判断している人が正しい」と言いたいわけではないです。

陸上競技で、短距離走が好きか、長距離走が好きか、ぐらいの話で、どちらが好きかは全く問題ない。

大切なのはその距離感というか、視座の問題なのかなと。 続きを読む

「単価が安いからあの仕事は請けない」は本当か?

「あの仕事、単価が安かったから断ったんだよね。」

起業家やフリーランス同士でよく聞く話です。

このセリフを聞く度に「それはそうなんだけど、でも…」って思っている自分がいて、ずっとこのセリフに違和感がありました。

なんで違和感を感じていたのか?

最近なんとなくその答えがわかってきたので、今日はそんな気づきを書き残しておきたいと思います。 続きを読む

自己紹介はあえてしない。

このブログではもうお馴染みの発酵デザイナー・小倉ヒラクさん。

僕がヒラクさんと出会って一番最初に驚いたのは、自身の自己紹介をほとんどしないことでした。

ヒラクさんはイベントに登壇する時なども、自分の自己紹介部分はすべて端折って、すぐに本題に入ってしまいます。

ヒラクさん曰く「だって、ネットで検索すればわかることをこの場で話しても、時間がもったいないだけじゃん。」と。

これって、言われてみれば確かにそのとおりなんですが、だからこそ目からウロコ。

確かに、頼んでもいない杓子定規な自己紹介ほど予定調和でつまらないものはありません。

でも、真面目な人ほどしっかりと自己紹介の時間をつくってしまいますよね…。 続きを読む

9月24日(日) 鳥取県で「VALU勉強会」を開催します。

先週、Twitter上で盛り上がり、鳥取県で「VALU勉強会」を開催することが決定しました。

会場は「鳥取メディア研究部」でもお世話になった、りょうかんさんのブックカフェ「ホンバコ」。

イベント詳細や参加方法については、りょうかんさんのブログを読んでみてください。

【告知】贅沢な「VALU勉強会」を鳥取で開催するよ![イケダハヤト×鳥井弘文×タクスズキ×りょうかん] 続きを読む

VALUの使い方について考える。

昨日、僕がVALUのタイムラインで「VALUの『売り』で一番気をつけるべきこと」という投稿をしたところ、軽く意見の対立が生まれました。

経緯をここで説明すると長くなってしまうので、ぜひ下記のリンクから投稿のコメント欄を参照してみてください。

参照:鳥井 弘文のVALU 続きを読む