カテゴリー別アーカイブ: ブログ

「ブロガーはもっと取材した方がいい」を読んで。個人の強みを活かす重要性。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

ツベルクリン良平さんが、とても良い記事を書いていました。

ブロガーはもっと取材依頼した方が良いんだって震えながら言う – 自省log

このブログを読んでみて、自分も少し思うところがあったので、今日は取材の話を少しだけ書いてみようと思います。 続きを読む

チャットの間だからこそ生まれる、絶妙な思考時間。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

先日お伝えした、タムカイさんとのChatCastチャンネル「界面」。

ChatCastで「タムカイと鳥井弘文の【界面】トークチャンネル」はじめます。 | 隠居系男子

昨日、この第2回と第3回の収録を行いました。

そこで思ったのが、下記のツイート。

続きを読む

ウェブメディアは本当に毎日更新するべきなのか?

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日ご紹介した「スチーブ」のイベントに遊びに来てくれたチェコさんが、とても共感するブログを書いてくれました。

「くらしのきほん」という松浦弥太郎さん編集長でやっているウェブメディアは、こちらのイベントで初めて知りましたが、週に2回しか更新しないのだそうです。しかも、「できない」のではなくて「しない」。週に2回くらいがちょうどいいと思ってやっているんだとか。

複数人でまわすウェブメディアというと、毎日休まず鬼更新しているイメージが私はまだどうしてもあるのですが、「この媒体にはこの更新頻度がちょうどいい」という判断でやっているところが個人ではなく企業のウェブメディアでもあるんだなあと思いました。

あとは、「くらしのきほん」サイトで松浦弥太郎さんの音声が聞けるというのも初めて知ったのでちょっとびっくりしました(「おはよう」とか「おやすみなさい」とか)。

「箱庭」や「灯台もと暮らし」も、リアルイベントをやってみたりあまり他の媒体がやらないようなことを発信していたりして、おそらく自分たちの「ちょうどいい」を探ってるんだと思われます。

引用元:本当は、もっとゆっくりやって欲しい。/くらしのきほん×箱庭×灯台もと暮らし #スチーブ – チェコ好きの日記

続きを読む

上野公園を一緒に散歩してくれる人募集します。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

僕は散歩が大好きで、このブログでも何度か散歩のお話を書いてきました。

参照:東京の右側「銀座〜浅草」を1時間半かけて歩く事に最近ハマっています。 | 隠居系男子

最近は東京もすっかり春めいてきて、やっとお散歩日和なってきたので、一緒に散歩してくれる方を募集してみようかなと思います。

コースは上野公園を一周するイメージで、平日の午後、30〜40分ぐらいを想定しています。(雨天中止) 続きを読む

オープンな場では「文明」を、クローズドな場では「文化」を語ること。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

最近、オープンな場で語るべきことと、クローズドな場で語るべきことの違いについてずっと考えていました。そして、やっと自分の中で答えらしいものを見つけることができました。

今日はそんなお話です。 続きを読む

安心感と安定感のある人たちが用意してくれる、ドキドキとワクワクという可能性。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日、尊敬している経営者の方に連れて行ってもらって、下北沢にある「salmon&trout」というお店に行ってきました。

とっても美味しいお店で、時間を忘れるぐらい楽しんでしまったのですが、やはりどこに行ってもウェブメディアのことばっかり考えているメディア馬鹿なので、昨日の経験を通して思ったことを備忘録的に少しだけ。 続きを読む

noteの月額有料マガジンで「月刊 隠居系男子」を始めようと思います。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

このブログでずっとやるやる詐欺をしてきた「月刊 隠居系男子」構想。

「隠居系男子」を雑誌(形式のもの)にしたいというお話。 | 隠居系男子

「最近の気になるモノ・コト・ヒト」という連載を不定期で始めてみます。 | 隠居系男子

有料課金モデルで高めるべきは、コンテンツの「クオリティ」ではなく受け手側との「距離感」。 | 隠居系男子

昨日「U-29世代のメディア論」の原稿を書いていて「あ、有料課金というハードルがあると、回りくどく書かなくて良いのすごく楽しい!」って思ったので、ついにnoteの有料マガジンで運用開始する決心がつきました。

参照:西村創一朗さんと一緒に、期間限定ラウンジ「U-29世代のメディア論」をはじめます。 | 隠居系男子 続きを読む

KPI設定に困ったら「あの人にシェアされるためにはどうすればいいのか?」を考えてみる。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

最近、インタビューを受けるときでもイベントの質疑応答でも、ペルソナ設定KPI設定についての質問をされることがすごく多いです。

その場その場で相手の質問の意図を汲み取って、色々な答え方をするのですが、正直、明確なペルソナやKPI設定はうちには存在しません。 続きを読む

うるう年なので、今日はブログ書くのをさぼります。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

平日午前中に毎日書いているこのブログですが、本日はサボろうと思います。

参照:2月29日は、さぼる日。 – ほぼ日刊イトイ新聞

今日は、いつもなら絶対にやらない午前中に人と会うことからスタート。

みなさんもなにか一つでもサボってみて、いつもとは違うことをやってみてはいかがでしょうか。

それでは今日はこの辺で。

ではでは。

[追記]

noteについて思うこと。売れる有料コンテンツの鉄板テンプレートは必ず生まれてくる。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

遅ればせながら、昨日イケダハヤトさんの有料noteを読みました。

「ブログで稼ぐ」主要な方法を、月商300万稼ぐプロブロガーが丁寧に解説します。(随時更新)|イケダハヤト|note

ものすごく丁寧にまとまっていて、とてもわかりやすく、確かにこの需要はあるだろうなと。 続きを読む

電子書籍『隠居系男子的。〜灯台もと暮らし運営会社Wasei代表の鳥井弘文が初めて語る自分のこと〜』が発売されました。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

僕のTwitterをフォローしてくださっている方はご存知だと思いますが、昨日くいしんさんによる僕のインタビュー電子書籍が発売されました。

続きを読む

「人」が前に立てば立つほど、宣言だけでフルボッコにされる時代。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

まだ宣言しかしておらず、リングに上がっていない人たちに対して、最初から全力で中指立てる姿を最近よく見かけるようになりましたね。しかも、それだけでは飽きたらず、全力でマウントポジションを取りにいく姿も…。

少し前だと、海外からの黒船来襲とか、有名雑誌元編集長が立ち上げるウェブマガジンのティザーサイトとか、若手ブロガーの肩書宣言とか、noteの有料マガジンとか。

何か新しいことを始めようとする人たちに対して、初めから全力で否定したい感じは何なんだろうなぁといつも疑問に思います。 続きを読む

ちゃんと読んで欲しいから、「次世代を生きる若者が、好きなモノに囲まれた人生を送るための唯一の方法」も有料化しました。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日書いた以下の記事。

ちゃんと読んで欲しいから、過去に「隠居系男子」で人気のあったエントリをnoteで有料化していきます。 | 隠居系男子

宣言通り、「次世代を生きる若者が、好きなモノに囲まれた人生を送るための唯一の方法。」という記事も有料化しました。

次世代を生きる若者が、好きなモノに囲まれた人生を送るための唯一の方法。|鳥井弘文|note 続きを読む

ちゃんと読んで欲しいから、過去に「隠居系男子」で人気のあったエントリをnoteで有料化していきます。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

先日、宮﨑大輔さんが書いてくれた以下の記事、とっても嬉しかったです。

無名な一般人のぼくが女性セブンのいちご特集を監修できたのは「隠居系男子メソッド」を一年間実践したから | JIBURi.com

この記事内で紹介されている「ネット上で注目される専門家になるためのテンプレは確実に存在する。」というエントリは、丁度2年ほど前に書いたエントリなのですが、今読んでみても役に立つ方法が並んでいるかと思います。実際に、この方法で成功したという声もチラホラ。

ただ、やはりネット上に公開された過去記事なので、当時バズった時に読んでくれた人以外は、存在すら知らない記事となってしまっているのが実情です…。

ということで、2年間無料公開してきた記事ですが、このタイミングで有料化しようと思います。 続きを読む

毎日ブログを書くためには自分なりの型が必要。アイディアを型に流し込むとき、そこに“考える時間”が生まれる。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

前にも少し書いたことがあるかもしれないのですが、最近もまたよく聞かれるようになったので「どうやって毎日ブログを書いているのか?」っていう話を書いておこうと思います。

ついでに、「自分なりの型に流し込むとき、そこに“考える時間”が生まれる」というお話についてもちょっと触れてみようかと思います。 続きを読む

矢面に立つ勇気。

僕が普段から親しくしているお二人が、こんなブログを書いていた。

ゆるふわなんかもうやめだ。丨天井裏書房

2016年はアクティブに活動していく予定です。 – My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

今日は、矢面に立つ勇気について、少しだけ自分の思うところについて書いてみようと思う。 続きを読む

noteの有料記事を販売するときにも意識したい!ウェブ上の拡散におけるT波とF波について。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

この三連休は、ネット界隈でnoteの有料記事の話題がよく盛り上がっていましたね。

noteの有料記事の売り方として、記事の半分ぐらいまでを無料で公開して、残り半分を有料にするとか、最初は安くして売れてきたタイミングで値段をあげるとか、色々と売る方法は考えられます。

その中で一つ可能性があるだろうなぁと個人的に思っているのが、最初は全文無料公開して、ある程度SNS上で拡散させた後、途中から全文有料記事に切り替えるというもの。

今日は、ウェブ上の拡散におけるT波とF波についても説明しつつ、この方法について少しだけ書いてみようかと思います。あ、あとちょっとだけnoteの注意点も合わせて。 続きを読む

インプットした流れで、過去の自分のアウトプットも読み返す。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

1月1日〜3日までは、誰にも会わずにブログも書かずに(祝日・土日が重なったため)、本当にインプットだらけの3日間を過ごしました。

昨年の12月は、忘年会や打ち合わせなどが立て続けに重なったため、とにかく人に会う予定でいっぱいで、久しぶりの完全個人の時間。

とにかく貪るように色々と読み耽りました。硬い内容の書籍から、ライトなウェブ記事まで。

今日はそんな中で気がついた、「インプットした流れで、過去の自分のアウトプットも同時に読み返すこと。そうすると良い学びになるよ!」という気付きについて少しだけ書き残しておこうかと思います。 続きを読む

今年書いたブログ記事の中から21本を厳選してみました。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

今年ももう終わりですね。1月1日に「灯台もと暮らし」というウェブメディアをオープンして約1年、このブログを始めてからは3年が経ちました。

毎日本当にたくさんの気付きがあり、本当に続けてきてよかったなぁと思います。

今日は、今年このブログに書き綴ってきた記事の中から、「ブログ運営をしてきた中で気付いたこと」と「ウェブメディア運営をしてきた中で気付いたこと」、その2つの切り口から、自分の中で強く印象に残っている記事を厳選してお届けしてみようと思います。 続きを読む

最近「隠居系男子」を知った人に読んで欲しい、隠居系男子の人気記事7選。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

今年は色々なイベントに登壇したり、「灯台もと暮らし」の取材先などで知り合いが増えたりと、とにかく新しい出会いが多い年でした。

そんな出会いをきっかけに「隠居系男子を読み始めました!」という方が増えてくれて大変嬉しい限りなのですが、過去の記事はやっぱり読まれない…。

ということで今回は、過去の隠居系男子の中から人気のあった記事を7つ選んでご紹介してみようと思います。

年末年始の実家に帰省して超絶暇なタイミングなどを使って、読んでみてもらえると嬉しいです。 続きを読む

ウェブコンテンツで「煽らない」という煽りがレッドオーシャン化してきた。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

このブログでは、2年前ぐらいから明確に路線変更をして、バズや意図的な炎上は極力避ける方針で運営してきました。

わかりやすいところでいうと、以下の記事に書いたような内容です。

内容で煽らずに、ブログで発信し建設的な意見を集めることはできるのか? | 隠居系男子

ウェブメディアが今バズっている人を安易に取材しちゃいけない理由。 | 隠居系男子 続きを読む

ブログやウェブメディアで、プレゼント企画をやってみたい!

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

ママブロガー・まなしばさんが、先日自身のブログでプレゼント企画を行っていました。

参照:【感謝】ままはっくブログ2周年記念。抽選でルンバをプレゼント! – ままはっく

これがとてもおもしろい企画だなぁと。彼女も実際に使っている商品であり、とても助かっているというルンバを、「ままはっく」の読者の方々にプレゼントするというのは、かなり理に適っていると思います。 続きを読む

ウェブメディアで自分の連載を持ちたいライターさんやブロガーさんは、原稿料を明確に提示してみるといいのかもしれないという話。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

原稿料や出演料の話などを明確にしておかないというのは、日本人の美学やビジネスマナーとして暗黙の了解がありますが、これからはこの辺を明確にして提示してもいいのではないかなぁと思います。

たとえばイケダハヤトさんが今日公開していた以下の記事。

「原稿料1万円」じゃ、ぼくは書きませんよ…。 : まだ東京で消耗してるの?

イケダハヤトさんの場合は、1本5万円で書くと明言してくれています。

値段を明示するのはライティングに限らず、インタビュー出演料や、対談出演料などもそう。明確にしてくれるとウェブメディア側も頼みやすくなる、今日はそんなお話です。 続きを読む

【ハイパーリンクチャレンジ2015】ブロガーさんの自発的な参加も大歓迎!更なる広がりを目指して。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

先週の金曜日にこのブログで書いた「ハイパーリンクチャレンジ2015」という企画。

おかげさまで徐々に認知されており、自分たちが想像していた以上に皆さんに楽しんでもらえているようで光栄です。

まずは前回の記事の補足。今回の企画はバトン形式となってはいますが、自発的な参加も大歓迎です!

企画趣旨に賛同してくださった皆さんは、ぜひ「自分の今年の1記事」を書いてみてもらえると嬉しいです。(その際、Twitterに投稿するときは、ハッシュタグはお忘れなく!)

今日は現状までに公開されている記事を掲載しつつ、その反響を少し載せてみたいと思います。

前回の記事はこちら↓
【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子 続きを読む

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

先日、「サイボウズ式」の藤村能光さん、「北欧、暮らしの道具店」の長谷川賢人さん、「現代ビジネス」の佐藤慶一さんと4人で、新宿のとある居酒屋へ飲みに行きました。

そこで盛り上がった話題のひとつが「なぜウェブコンテンツには、アワードが存在しないのか?」ということ。

「何かしらの賞が存在して、その章の受賞へ向けて各ウェブメディアが切磋琢磨するような環境が生まれても、いいのではないのか?」という、非常にわかりやすい居酒屋談義が繰り広げられました笑

その流れから「今年、自分が読んだ中で一番面白かった記事はなんでしたか?」という話題へ。これが思いのほか盛り上がり、「他の人の今年一番の記事も聞いてみたいよね!」となりました。

もしかしたらこれは、今年一番の記事を自身のブログで発表しつつ、「自分がこの人の今年一番を知りたい!」と思う方へバトンを繋ぎ、数珠つなぎで進めていったら、色々な人のウェブコンテンツに対する趣味趣向が見えてきておもしろいのではないのかなと!(※決してア◯スバケツチャレンジに触発されたわけではありません)

…ということで、これを居酒屋談義で終わらせるのはもったいないので、実際に「ハイパーリンクチャレンジ2015」という企画にして始めてみようと思います! 続きを読む

ウェブ上でメディア名を覚えてもらいたければ、その人のセンスの良い知り合いが2人以上出ていればいい。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

これだけ雨後の筍のようにウェブメディアが出てくると、その媒体名を読者の方々に覚えてもらうだけでも一苦労です。

そこで多くのウェブメディアが試そうとするのが、既に著名なヒト・モノ・コトを紹介して、その記事をバズらせ、それで媒体名も一緒に覚えてもらおうとする手法。

でも僕は、それは大きな間違いだと思っています。今日はそんな話を書いてみようかなと。 続きを読む

【インタビュー書き起こし】シモツくんという男。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

今日も、昨日に引き続き、くいしんさんとの雑談です。

今日はWaseiのリクルートの話から、なぜか始まったシモツくんのお話。

前回までの記事はこちら。ことの詳細は以下の記事をお読みください。
【インタビュー書き起こし】休日のなまものと、進撃の巨人とインターネット。 | 隠居系男子

【インタビュー書き起こし】最近は健康になりたいですか? | 隠居系男子

【インタビュー書き起こし】「専門家が提示する値段が高すぎるなら、フォロワーが多い有名人にお願いすれば良いというお話」の続き。 | 隠居系男子 続きを読む