カテゴリー別アーカイブ: ブログ

共感を得るための、テディベアメソッド。

どうも鳥井です。

最近、テディベアメソッドをよく意識しています。

昨日の夜、実験的に投げてみたこのツイートもそのひとつ。

今日はこのテディベアメソッドのご紹介と、テディベアメソッドを実践することで得られる効果について少しだけ書いてみようかなと思います。 続きを読む

ジャニーズがネット上に作り上げているファンコミュニティは、大正解なのかもしれない。

どうも鳥井です。

新年早々、こんなツイートをしてみました。

そしたら翌日、こんな記事が目に入ってきました。

上記のツイートが思った以上にRTされたことを踏まえて、改めて思ったことを連続ツイートしてみました。

今日はそれらをまとめておきたいと思います。 続きを読む

僕にとって今年一番の学び。

どうも鳥井です。

今年も残すところ1週間を切りました。

今年を振り返る記事が増える中で、僕も今年一番の学びとは何だったかなと振り返る内容の記事を書いてみようと思います。

色々な学びがあった中で、今年一番印象に残っているのは「人は、皆が知っていることの新しい部分を知りたがっている」というお話。

2016年は、とにかくこの話題を色々な人たちから学ばせてもらった1年でした。 続きを読む

「何を書くか」じゃなくて「誰が書くか」が重要になってきた。

どうも鳥井です。

今朝、こんなツイートをしました。

参照:「MERY見れなくてさみしいよ」――女の子たちには何が“特別”だったの?愛読者に聞く 続きを読む

【ハイパーリンクチャレンジ2016】僕が今年1番素晴らしいと思った記事。 #HyperlinkChallenge2016

どうも鳥井です。

昨年末に開催した「ハイパーリンクチャレンジ2015」。

【今年ベストの記事は?】ハイパーリンクチャレンジ2015まとめ #HyperlinkChallenge2015 – Togetterまとめ

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

長谷川賢人さん(@hasex)の呼びかけで、今年も開催することになりました!

今日は、僕が選んだ2016年に1番素晴らしいと思った記事を書き残しておきたいと思います。 続きを読む

あえてフィクションにすることで、本当のことが書けるというお話。

どうも鳥井です。

昨日、小説家志望の方と上野公園をお散歩しました。

参照:一緒に上野公園散歩をしてくれる方の募集を再開します。 | 隠居系男子

一緒にお話している中で思い出したことがあるので、今日は少しだけそれを書き残しておこうと思います。 続きを読む

インフルエンサー叩きは、これからもっともっと加速する。

どうも鳥井です。

昨日、下記の記事を読みました。

前々から主張し続けていることなのですが、ファッション業界は感度の高い人たちが多い業界なので、この業界で起こったことは、そのあと広く一般層にも普及していく可能性が高い。

今後はきっと、日本のファッション業界にも飛び火するでしょう。

そしてファッション業界に限らず、他の様々な業界にもこのようなインフルエンサー叩きは飛び火していくはずです。

もちろん、このブログを読んでいるような方々は、「もう既に日本でも起きていることじゃないか!」と思う方もいるかもしれませんが、それはまだまだ局所的な話。

今後はもっともっと広く一般的に行われていくはずです。

今日は、上記の記事を読んでみて少し思うことがあったので、このブログに自分の考えを書き残しておきたいと思います。 続きを読む

「人は何に時間とお金を使うのか?」自分なりに考えてみた。

どうも鳥井です。

先日のスチーヴの勉強会で、松浦弥太郎さんが「人は何に時間とお金を使うのか?」ということについて教えてくれました。

参照:「スチーヴ」の勉強会を開催しました。 | 隠居系男子

今日は、その答えと、自分なりに考えた「人は何に時間とお金を使うのか?」について書いてみようと思います。 続きを読む

誰にでも書くことができる内容にも、二種類ある。

どうも鳥井です。

昨日、こんなツイートをしました。

このツイートのあとに色々と考えたので、今日はこのツイートの補足をしつつ、少しだけその考えたことについて書いてみようと思います。 続きを読む

今、目線を与えてくれる人がおもしろい。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日のブログを書いたあと、一級建築士のタナカユウキさんが「けんちく目線」でとてもわかりやすい解説をしてくれました。

詳しくは昨日のブログを御覧ください。

参照:古民家を吹き抜ける風の心地よさ。 | 隠居系男子

それを受けて、僕が思ったことが以下のツイート。

今日はこの一連の流れを受けて、自分の中で考えたことについて少し書き残しておきたいと思います。 続きを読む

身分不相応でもチャレンジしてみることの大切さ。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

先日、起業したばかりの「Lucky Brothers & co.」のおふたりと、タムカイさんがブログでご紹介していた「CRUZ BURGERS」というお店に行ってきました。

参照:ランチにもディナーにも!四ツ谷「CRUZ BURGERS(クルズバーガーズ)」最高のハンバーガーとクラフトビールの組合せは足を運ぶ価値あり! | タムカイズム

ビールとハンバーガーが本当に美味しかったです。

そこでお話したことの中で、ブログに書き残しておきたいことがあったので、今日はそんな話です。 続きを読む

僕が「ポケモンGO」のレベルを21まで上げた理由。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日のチェコさんのブログで「ポケモンGO」のレベルをさらされてしまったので、今日はなんで「ポケモンGO」をやっているのかについて少し書いてみようと思います。

続きを読む

もし「Mステ」しかパフォーマンスする場所がなければ、アーティストの心は折れてしまう。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

以前、「いま若者に必要なのは「お山の大将」で「井の中の蛙」になれる場所。」という記事を書きました。

なぜなら、「休日のなまものと、進撃の巨人とインターネット。」という記事に書いたように、玄人顔した巨人たちからその身を守るためです。

一方で、そんな巨人のような人たちに対しては「人が前に立てば立つほど、宣言だけでフルボッコにされる時代。」という記事の中で、「まずはお手並み拝見といきましょうよ。」と提言をしたこともあります。

でも、これだけインターネットが普及した世の中では、しばらくこの状況は変わることがないのも間違いありません。 続きを読む

マスメディアで紹介されても閑古鳥が鳴く店もあれば、たった数人のブロガーに紹介されて予約殺到する店もある。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

今、ブロガーさんたちの間で話題のお店、みなさんご存知ですか。

そろそろ渋谷道玄坂にある界隈では店名非公開ってことになってる絶品食材でお任せコース+飲み放題で5000円の天国みたいなお店について書いておくね | タムカイズム

ネットで “天国” と話題の店名非公開のお店で昇天してきた!絶品食材&飲み放題なのに5,000円という奇跡 | gori.me(ゴリミー)

はあちゅう 公式ブログ – 人気ブロガーたちの心を奪いまくっている【店名非公開】のお店を探り当てた件 – Powered by LINE

「店名は伏せる」という暗黙のルールができているので、僕も店名は書きませんが、一緒にChatCastチャンネルをやっているタムカイさんに連れて行ってもらったことがあり、本当に良いお店でした。(日本酒の「どピンク」を初めて飲ませてもらったのも、このお店。)

ブロガーさんたちの記事による影響で最近は予約殺到中らしいです。(お店のFacebookページには「予約システムの変更のお知らせ」が流れてくるほど…。)

今の時代、たとえマスメディア(「王様のブランチ」とか)で紹介されたとしても、閑古鳥が鳴くお店もあれば、たった数人のブロガーさんが同時多発的に記事を書くだけで、名前を伏せているにも関わらず、予約が殺到してしまうお店がある。

とっても面白い時代ですよね。今日はそんな個人の影響力によるムーブメントのお話について少しだけ書いてみようと思います。 続きを読む

「健康で文化的な生活」が大切な理由。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

他人からすれば、「は?何いってんの?」って思うことかもしれませんが、自分の中では長年考えてきたことの一つの解がみえてきた感覚です。

点と点が線で繋がった瞬間だったので、備忘録的にブログにも書き残しておきたいと思います。 続きを読む

「ブロガーはもっと取材した方がいい」を読んで。個人の強みを活かす重要性。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

ツベルクリン良平さんが、とても良い記事を書いていました。

ブロガーはもっと取材依頼した方が良いんだって震えながら言う – 自省log

このブログを読んでみて、自分も少し思うところがあったので、今日は取材の話を少しだけ書いてみようと思います。 続きを読む

チャットの間だからこそ生まれる、絶妙な思考時間。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

先日お伝えした、タムカイさんとのChatCastチャンネル「界面」。

ChatCastで「タムカイと鳥井弘文の【界面】トークチャンネル」はじめます。 | 隠居系男子

昨日、この第2回と第3回の収録を行いました。

そこで思ったのが、下記のツイート。

続きを読む

ウェブメディアは本当に毎日更新するべきなのか?

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日ご紹介した「スチーブ」のイベントに遊びに来てくれたチェコさんが、とても共感するブログを書いてくれました。

「くらしのきほん」という松浦弥太郎さん編集長でやっているウェブメディアは、こちらのイベントで初めて知りましたが、週に2回しか更新しないのだそうです。しかも、「できない」のではなくて「しない」。週に2回くらいがちょうどいいと思ってやっているんだとか。

複数人でまわすウェブメディアというと、毎日休まず鬼更新しているイメージが私はまだどうしてもあるのですが、「この媒体にはこの更新頻度がちょうどいい」という判断でやっているところが個人ではなく企業のウェブメディアでもあるんだなあと思いました。

あとは、「くらしのきほん」サイトで松浦弥太郎さんの音声が聞けるというのも初めて知ったのでちょっとびっくりしました(「おはよう」とか「おやすみなさい」とか)。

「箱庭」や「灯台もと暮らし」も、リアルイベントをやってみたりあまり他の媒体がやらないようなことを発信していたりして、おそらく自分たちの「ちょうどいい」を探ってるんだと思われます。

引用元:本当は、もっとゆっくりやって欲しい。/くらしのきほん×箱庭×灯台もと暮らし #スチーブ – チェコ好きの日記

続きを読む

上野公園を一緒に散歩してくれる人募集します。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

僕は散歩が大好きで、このブログでも何度か散歩のお話を書いてきました。

参照:東京の右側「銀座〜浅草」を1時間半かけて歩く事に最近ハマっています。 | 隠居系男子

最近は東京もすっかり春めいてきて、やっとお散歩日和なってきたので、一緒に散歩してくれる方を募集してみようかなと思います。

コースは上野公園を一周するイメージで、平日の午後、30〜40分ぐらいを想定しています。(雨天中止) 続きを読む

オープンな場では「文明」を、クローズドな場では「文化」を語ること。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

最近、オープンな場で語るべきことと、クローズドな場で語るべきことの違いについてずっと考えていました。そして、やっと自分の中で答えらしいものを見つけることができました。

今日はそんなお話です。 続きを読む

安心感と安定感のある人たちが用意してくれる、ドキドキとワクワクという可能性。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

昨日、尊敬している経営者の方に連れて行ってもらって、下北沢にある「salmon&trout」というお店に行ってきました。

とっても美味しいお店で、時間を忘れるぐらい楽しんでしまったのですが、やはりどこに行ってもウェブメディアのことばっかり考えているメディア馬鹿なので、昨日の経験を通して思ったことを備忘録的に少しだけ。 続きを読む

noteの月額有料マガジンで「月刊 隠居系男子」を始めようと思います。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

このブログでずっとやるやる詐欺をしてきた「月刊 隠居系男子」構想。

「隠居系男子」を雑誌(形式のもの)にしたいというお話。 | 隠居系男子

「最近の気になるモノ・コト・ヒト」という連載を不定期で始めてみます。 | 隠居系男子

有料課金モデルで高めるべきは、コンテンツの「クオリティ」ではなく受け手側との「距離感」。 | 隠居系男子

昨日「U-29世代のメディア論」の原稿を書いていて「あ、有料課金というハードルがあると、回りくどく書かなくて良いのすごく楽しい!」って思ったので、ついにnoteの有料マガジンで運用開始する決心がつきました。

参照:西村創一朗さんと一緒に、期間限定ラウンジ「U-29世代のメディア論」をはじめます。 | 隠居系男子 続きを読む

KPI設定に困ったら「あの人にシェアされるためにはどうすればいいのか?」を考えてみる。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

最近、インタビューを受けるときでもイベントの質疑応答でも、ペルソナ設定KPI設定についての質問をされることがすごく多いです。

その場その場で相手の質問の意図を汲み取って、色々な答え方をするのですが、正直、明確なペルソナやKPI設定はうちには存在しません。 続きを読む

うるう年なので、今日はブログ書くのをさぼります。

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

平日午前中に毎日書いているこのブログですが、本日はサボろうと思います。

参照:2月29日は、さぼる日。 – ほぼ日刊イトイ新聞

今日は、いつもなら絶対にやらない午前中に人と会うことからスタート。

みなさんもなにか一つでもサボってみて、いつもとは違うことをやってみてはいかがでしょうか。

それでは今日はこの辺で。

ではでは。

[追記]