カテゴリー別アーカイブ: ブログ

「好き」を発信し続けることで、届けたいものを届けられるようになる。

昨夜、たらればさんがこんなツイートをしていました。

この内容には、僕も全面的に同意です。

たった3つのツイートなんですが、めちゃくちゃ端的にまとまっていて素晴らしいなと。

今日は、このブログで書いてきたことをこのツイートの内容に沿って、改めてまとめておきたいと思います。 続きを読む

同じ話を何度も繰り返すのが苦手な人へ。どこにクリエイティブを求めるか。

僕には、同じことを何度も繰り返し話すことが苦手という致命的な弱点があります。

そんな話は以前もこのブログで書きました。

参照:「同じことを繰り返し話せない」という壊滅的な弱点とブログの関係。 | 隠居系男子

でも、これはまずいなと思っていまして、なんとか克服したいなとずーっと思っていました。

そして最近では、同じことを繰り返し話すことが徐々に苦痛ではなくなってきました。

今日はその克服方法について、少しだけ持論を書き残しておきたいなと思います。 続きを読む

「VALU」の登場について思うこと。

今、ネット上で話題の「VALU」について、先日こんな連続ツイートをしてみました。

まずはブロガー・タクスズキさんのツイートから。

続きを読む

自分たちの要求を相手にそのまま押し付けない。

先日こんなツイートをしました。

そうしたら、先輩ブロガーのまたよしれいさんが、以下のような引用RTをしてくれました。

続きを読む

インタビュー取材における「またか…」問題について。

今朝、以下のTogetterを読みまして。

『水曜日のカンパネラ』のコムアイさん、フランスで受けた下調べばっちりの取材と日本での「またか…」と思うような取材を比較 – Togetterまとめ

今日はこれを読んだ上で、インタビュー取材における「またか…」問題について少し書いてみようと思います。

(注:以下は一般論の話です。コムアイさんを批判するつもりは一切ありません。) 続きを読む

ピーマンとハンバーグの話。

子供の大好物といえばハンバーグ。

そして、苦手な食べ物と言えばピーマンです。

でも苦手だからという理由だけで、食卓に出されたピーマンを食べないことはよくない。

「ピーマンは身体に良いから食べたほうがいいんだよ。」「一生懸命作ってくれた農家さんがいるんだよ。」と諭せば、賢い子供はピーマンだけをお皿の横にさけることはやめて、ちゃんと食べるようになります。 続きを読む

ブログもメディアも、2〜3年必ず続けられるという環境確保が何よりも重要。

今朝、こんなニュースが流れてきました。

最近よく思うのですが、個人メディアやウェブメディアをつくりたかったら、こういった制度や地域おこし協力隊制度などを使って、生活に必要な環境を最低限確保しつつ、淡々と運営していく方がいいと思います。 続きを読む

豊洲のウェブメディア「とよすと」のコインロッカーの記事が人気の理由。

先日発売された「TURNS(ターンズ) VOL.23 2017年6月号」の連載のこぼれ話を少し。

参照:雑誌「TURNS」連載 第13回 「とよすと」瀬長明日香さんに「地域ブログを続けるコツ」について聞いてみた。 | 隠居系男子

豊洲で遊ぶ・働く・暮らすすべて人へ役立つ情報をお届けするウェブメディア「とよすと」には、コインロッカーの記事がなぜかたくさんあります。

その理由が個人的にとても気になったので、明日香さんに直接聞いてみました。 続きを読む

大企業を経験していないことがコンプレックスでもあり、財産でもある。

最近、立て続けに複数の人から「大企業は経験したことがないんだね」と言われる機会があったので、今日はそんな話から、少しコンプレックスの話をしてみようかなと。

このブログをいつも読んでくださっている方々はご存知かもしれませんが、僕はこれまで大企業を経験したことはありません。

中国の北京で働いていた時も、10人規模ぐらいの小さなベンチャー企業でした。

そのあとすぐにフリーランスとなって今の会社を起業したので、大企業経験はゼロです。

実家の両親も会社を経営していたのですが、何百人と社員がいるような会社ではありませんでした。

やっぱり自分の会社をこれから大きくしていきたいと考える時に、大企業を経験したことがないというのは、単純にコンプレックスです。

「新卒で大企業に就職しておけばよかったかなー」と思ったことも、1度や2度じゃありません。 続きを読む

「実現できた!」の成功体験が「次のやりたい!」につながっていく。

前例がなくても、本気でやりたいと思うなら、自分たちでやってみるしかありません。

何度も何度も試行錯誤を繰り返しながら、本当にそれを形できた時は、この上ない喜びとなるでしょう。

そして、その喜びが「次のやりたい!」も、また実現できるという希望につながっていく。

あれができたんだから、これもできるにちがいない。というように。

その成功体験の繰り返しが、人やチームを一番成長させるのだと最近強く実感しています。 続きを読む

いつまでも学生さんと一緒にお話できる存在でありたい。

お散歩企画をやっていると、いつも思うんですよ。

あー、いつまでも学生さんに興味を持ってもらえるような存在でありたいなあと。

僕ももう社会人になってから6年目で、学生さんからしてみれば完全におじさんです。

そんな人間でも、会って一緒にお話してみたいって思ってもらえることは本当にありがたいことだなと。

ずっとこのブログでも書き続けてきているように、大学生が一番感度が高くて敏感な時期だと思います。

参照:大学生の感度の高さは尋常じゃないんだから、もっとそれを発信したほうがいいよというお話。 | 隠居系男子

そんな学生さんがいま何に対してどんな風に興味を持っているのか、というお話を聞けるのは、一番の勉強になるんです。

でも仕事柄、こんなタイミングでもないと、学生さんと二人っきりで小一時間も話す機会なんてないんですからね。

だから本当に貴重な時間をいただいているなと。 続きを読む

職人ライターや読モライターもいいけれど、まずは専門ライターから目指してみよう!

昨日、こんな連続ツイートをしてみました。

続きを読む

メディア系ベンチャー企業はどこを見据えて、いま種まきするべきなのか?

最近以下のようなツイートをしました。

そして、今朝「灯台もと暮らし」編集長・伊佐のツイートを見て思ったこと。

続きを読む

特に何も決めていません。

昨日、こんなブログを書いてしまいました。

参照:ブログの型から卒業しようと思います。 | 隠居系男子

新しく何を始めるのかと期待されている部分もあるみたいなんですが、新しい企画はまだ何も決めていません。

とりあえず、まずはいろいろと試してみようかなと。 続きを読む

ブログの型から卒業しようと思います。

どうも鳥井です。

今日はあいにくのお天気ですが、季節はどんどん春めいてきて、東京でも桜が開花したようですね。

そして、3月といえば卒業シーズン。街中で卒業式をみかける機会も増えました。

自分も、このタイミングで何かひとつ卒業したいなと。何かを手放さないと、新しいものは入って来ませんからね。

そんな時にフワッと思ったのが、ブログの書き方です。

以前にも書いたことがありますが、このブログには明確な「型」が存在します。

毎日ブログを書くためには自分なりの型が必要。アイディアを型に流し込むとき、そこに“考える時間”が生まれる。 | 隠居系男子

この型だけに固執することを一度やめてみようかなと。

今日はそんなお話です。 続きを読む

僕がポリコレについて思うこと。

どうも鳥井です。

ポリティカル・コレクトネス(以下:ポリコレ)を、したり顔で語る人たちに感じるモヤモヤや違和感の正体はなんなんだろう?とここ最近ずっと考えてきました。

何となく自分の中で答えが見えてきたような気がするので、ここでまとめておきたいと思います。 続きを読む

常に自問自答しながら歩み続けること。

どうも鳥井です。

行ったり来たりしている中で感じたこと、ふわっと思いついたことをロジカルに組み立てて言語化してみる。

そうやって言語化したものをもとに、まわりを説得しつつ、巻き込みながら実験してみること。

その繰り返しが今とっても大事だなと思っています。

参照:行ったり来たりと知らんぷり。 | 隠居系男子

みんなが「そうだよね、そうだよね!」って言い始めているタイミングでは、もう遅い。

当然、こんなやり方を繰り返していれば、必然的に失敗も増えてくるでしょう。

だから、いさぎよい割り切りも時には大事になってきます。 続きを読む

就活生に伝えたい、知識よりも読み解き方が大事だというお話。

どうも鳥井です。

灯台もと暮らし」のインターン生・小山内さんによる【ぼくらの学び】シリーズ「ぼくらの就活」が昨夜から始まりました。

手前みそですが、第1回目は僕が話をさせてもらいました。

近日中に後編も公開予定なんですが、このインタビューの中では語り忘れてしまい、僕が大学生の方に伝えたいことを今日は少しだけ書いてみようかなと。 続きを読む

歩きながら考えて、座った時に整理する。

どうも鳥井です。

最近、ツイートを引用してブログを書く機会が増えてきたのも、これが理由です。

続きを読む

ブログのまくらを過去の淡い思い出話にすると、最後まで読まれやすい。

どうも鳥井です。

「ブログの冒頭部分は、落語のまくらに似ている」と言っていたのは、確か佐々木俊尚さんだったと思います。

人はまくらを読んで、その文章を最後まで読むかどうかを決めて、まくらで惹かれなかったらすぐに離脱してしまう。それが今のブログ論壇の現状だ、と。

それを聞いて以来、他者のブログ(文章)を読む時に、まくらで何を書いているのか、かなり意識的に読むようになりました。

そして、最近流行っている書き方をひとつ見つけたので、今日はそのご紹介をしてみようかなと思います。 続きを読む

一見シュッとしてるけど、見る人が見ればがむしゃらでダサいが大事。

どうも鳥井です。

続きを読む

共感を得るための、テディベアメソッド。

どうも鳥井です。

最近、テディベアメソッドをよく意識しています。

昨日の夜、実験的に投げてみたこのツイートもそのひとつ。

今日はこのテディベアメソッドのご紹介と、テディベアメソッドを実践することで得られる効果について少しだけ書いてみようかなと思います。 続きを読む

ジャニーズがネット上に作り上げているファンコミュニティは、大正解なのかもしれない。

どうも鳥井です。

新年早々、こんなツイートをしてみました。

そしたら翌日、こんな記事が目に入ってきました。

上記のツイートが思った以上にRTされたことを踏まえて、改めて思ったことを連続ツイートしてみました。

今日はそれらをまとめておきたいと思います。 続きを読む

僕にとって今年一番の学び。

どうも鳥井です。

今年も残すところ1週間を切りました。

今年を振り返る記事が増える中で、僕も今年一番の学びとは何だったかなと振り返る内容の記事を書いてみようと思います。

色々な学びがあった中で、今年一番印象に残っているのは「人は、皆が知っていることの新しい部分を知りたがっている」というお話。

2016年は、とにかくこの話題を色々な人たちから学ばせてもらった1年でした。 続きを読む

「何を書くか」じゃなくて「誰が書くか」が重要になってきた。

どうも鳥井です。

今朝、こんなツイートをしました。

参照:「MERY見れなくてさみしいよ」――女の子たちには何が“特別”だったの?愛読者に聞く 続きを読む

【ハイパーリンクチャレンジ2016】僕が今年1番素晴らしいと思った記事。 #HyperlinkChallenge2016

どうも鳥井です。

昨年末に開催した「ハイパーリンクチャレンジ2015」。

【今年ベストの記事は?】ハイパーリンクチャレンジ2015まとめ #HyperlinkChallenge2015 – Togetterまとめ

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

長谷川賢人さん(@hasex)の呼びかけで、今年も開催することになりました!

今日は、僕が選んだ2016年に1番素晴らしいと思った記事を書き残しておきたいと思います。 続きを読む